ビリーの笑顔は許せちゃう

ビリーブートキャンプは、もともとアメリカの軍隊で行われていたトレーニング方法だ。軍隊で行われていたってことは「”軍事機密”なんじゃないの」なんていうベタなツッコミはやめて、ぜひ挑戦していただきたい。ビリーブートキャンプがこれ程まで多くの人たちに受け入れられているのは、「やはり良い物は良い」という単純な理論なんだろうな。実際、ビリーブートキャンプのような、短期間で身体を絞り込むための集中トレーニング方法は他に知らない。

ビリーとは、ビリー・ブランクスという51歳のおじさんのこと。ダイエットエクササイズと称してビリーブートキャンプを一日何回もやっている割には”若干デブっている(汗)”。それともこれは筋肉なのか。スゴイぞ、ビリー。筋肉で太っている人って「極真空手大山先生」くらいしか知らないもんな。しかも、けっこう辛いビリーブートキャンプを行いながら笑っているぞ。エアロビの先生の無理矢理な笑顔とは違って、ビリーの笑顔は許せちゃうから不思議だ。

ビリーの笑顔には”人っ子の良さ”がにじみ出ている。トークを聞いていても、けっこうシャイだしな。ビリーブートキャンプがこれだけ売れたことで、ビリーのビジネスマンとしての資質の高さも証明されたと思う。日本のビジネスマンたち、ビリーブートキャンプから学ぶものは多いと思うぞ。

「ビリーの笑顔は許せちゃう」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。